TOP環境活動・社会貢献活動(CSR)社会貢献活動第49回「愛の泉」

For the Next Generation

イベント

※イベントは予告なく変更・中止となる場合がございます。

地球教室

「触れる地球」を使って地球のふしぎ、地球の未来について考えます。
お子さま(小学校高学年以上)にもわかりやすく解説します。

場所
ソニービル6F 6Cフロア
日時
毎週日曜日 13:00~13:45
講師
竹村真一、「触れる地球」ナビゲーター

※当日30分前から受付いたします。

※参加状況によっては立ち見となる場合があります。予めご了承ください。

※イベントの予定・内容は、変更になる可能性があります。

テーマ1 地球はいかにして特別な星になったか? ― 海・森・大陸、地球史タイムトラベル
日程
12月4日(日)、1月8日(日)、2月5日(日)、3月5日(日)
テーマ2 地球温暖化がもたらすピンチとチャンス ― 人類は気候変動を通じて進化する
日程
12月11日(日)、1月15日(日)、2月12日(日)、3月12日(日)
テーマ3 宇宙船地球号の動かし方 ― 「宇宙目線」で考える地球と人類の未来
日程
12月18日(日)、1月22日(日)、2月19日(日)、3月19日(日)
テーマ4 地球のなかの日本、未来をつくる日本 ― “2050年の地球”を設計する
日程
12月25日(日)、1月29日(日)、2月26日(日)、3月26日(日)

多彩なゲストとの対談で、地球と私たちの関わりを考える。

多彩なゲストをお迎えして、地球とそこに暮らす私たちの関わりを考えていきます。気候変動・地球温暖化、森林伐採や砂嵐、生物多様性・絶滅危惧種。世界的に減少するサンゴ問題など、 私たちを取り巻く環境問題を一緒に考えてみませんか?

【地球リテラシー・ワークショップ】

※イベントの予定・内容・ゲストは、変更になる可能性があります。

『人はなぜ宇宙に行くのか?』

ゲスト:山崎直子氏(宇宙飛行士)
モデレーター:竹村真一氏 (京都造形芸術大学教授、Earth Literacy Program 代表)

2010年に日本人女性としては2人目の宇宙飛行士として、スペースシャトル ディスカバデリーに搭乗し、ロボットアームのスペシャリストとして活躍されました。そんな山崎さんと考える宇宙、地球、そして人類の未来とは?

場所
1月21日(土)
場所
ソニービル6F 6Cフロア
時間
14:30~15:50 ※当日30分前から受付いたします。
内容
14:30~14:40 竹村真一氏 「触れる地球」を使って総論的な紹介
14:40~15:10 山崎直子氏 講演『人はなぜ宇宙に行くのか?』
15:10~15:50 山崎直子氏×竹村真一氏によるトークセッション

※参加無料、予約不要、途中入退場可
※参加状況によっては立ち見となる場合があります。予めご了承ください。

<ゲストプロフィール>

山崎直子(やまざきなおこ)
宇宙飛行士。千葉県松戸市生まれ。
1999年国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士候補者に選ばれ、2001年認定。2004年ソユーズ宇宙船運航技術者、2006年スペースシャトル搭乗運用技術者の資格を取得。2010年4月、スペースシャトル・ディスカバリー号で宇宙へ。ISS組立補給ミッションSTS-131に従事した。2011年8月JAXA退職。内閣府宇宙政策委員会委員、日本宇宙少年団(YAC)アドバイザー、松戸市民会館名誉館長、立命館大学および女子美術大学客員教授、ふたばの教育復興応援団などを務める。 著書に「宇宙飛行士になる勉強法」(中央公論新社)、「夢をつなぐ」(角川書店)、「瑠璃色の星」(世界文化社)など。

『ヒトと生き物 ひとつながりのいのち』

ゲスト:旭川市旭山動物園 坂東元園長
モデレーター:竹村真一氏(京都造形芸術大学教授、Earth Literacy Program 代表)

「奇跡の動物園」と呼ばれる旭川市旭山動物園の坂東元園長をお迎えして、動物たちとのエピソードをお聞きしながら、私たち人間(ヒト)と生き物のつながり、“いのち”のつながりを考えていきます。
オランウータン、ゾウ、トラ、サイの生息地であるボルネオ島・スマトラ島をはじめとしたインドネシアでは森林が減少し生態系に悪影響を与えています。長年にわたりボルネオ島の野生生物を保護するための技術協力や、ボルネオゾウのレスキューセンター設立をはじめとした「恩返しプロジェクト」の活動を行っている坂東氏。動物園の園長であり獣医の坂東氏が唱える「ヒトと生き物のつながり」を、講演とトークセッションで考えていきます。

場所
1月22日(日)
場所
ソニービル6F 6Cフロア
時間
15:00~16:20 ※当日30分前から受付いたします。
内容
15:00~15:10 竹村真一氏 「触れる地球」を使って総論的な紹介
15:10~15:40 坂東元園長 講演『ヒトと生き物 ひとつながりのいのち』
15:40~16:20 坂東元園長×竹村真一氏によるトークセッション

※参加無料、予約不要、途中入退場可
※参加状況によっては立ち見となる場合があります。予めご了承ください。

<ゲストプロフィール>

坂東元(ばんどうげん)
1986年酪農学園大学酪農学部獣医学修士課程卒、同年5月 旭川市旭山動物園就職。1995年飼育展示係長、2004年副園長、2009年園長を経て現在に至る。
1997年の「こども牧場」から、「ぺんぎん館」「あざらし館」「ちんぱんじー館」「レッサーパンダ舎」「エゾシカの森」「きりん舎かば館」などすべての施設のデザインを担当。数々のアイデアを出し具体化し、また手書きの情報発信やもぐもぐタイムなどのソフト面でも係の中心となり具体化、システム化を図る。現在は、ととりの村の設計を手がけている。ボルネオでの活動も本格化しており、マレーシア国サバ州での野生生物レスキューセンターの建設に着手し第一期工事を終える。
著書に「動物と向きあって生きる」(角川学芸出版)、「旭山動物園へようこそ」(二見書房)、「夢の動物園」 (角川学芸出版)、「ヒトと生き物 ひとつながりのいのち」(道友社)など。

募金をしてオリジナルグッズをもらおう

終了いたしました

12月23日(金)・24日(土)・25日(日)の3日間、WWFオリジナルグッズや
「スマトラ島森林保全プロジェクト」グッズを、募金いただいた金額に応じて、差し上げます。
※制作費を除いた全額を「愛の泉」に募金いたします。
※商品が無くなり次第、終了いたします。

<「スマトラ島森林保全プロジェクト」グッズ>
・オリジナルピンバッチ 500円以上
・オリジナルエコバック 1,000円以上
・オリジナル子ゾウ“トミィ”ぬいぐるみ 3,000円以上

<WWFグッズ>
・WWFミニタオル 1枚 800円以上(色・柄は選べません)
・WWFミニタオルセット(4枚入り)3,000円以上
・WWFオリジナル手ぬぐい 1枚 4,000円以上

日程
12月23日(金) 、 12月24日(土) 、12月25日(日) 
場所
ソニービル 1Fエントランスホール
時間
13:00~18:00

「スマトラ島森林保全プロジェクト」グッズ

WWFグッズ

WWF Day ~ 命あふれる豊かな地球を未来につなごう

終了いたしました

WWFジャパンの気候変動プロジェクト担当と森林保全プロジェクト担当によるトークイベントを開催いたします。 現場の声を聞いて、私たちにできることを一緒に考えてみませんか? 参加頂いた方には、コパンダからプレゼントも!

日程
12月3日(土)   テーマ:「気候変動の実情とわたしたちにできること」
12月10日(土)  テーマ:「熱帯林の危機とスマトラの野生生物たち」
場所
ソニービル 6F 6Cフロア
時間
13:00~13:30/15:00~15:30
※各回10分前に、6F会場で整理券を配布いたします。

※イメージ© WWF Japan

キャラクターたちと一緒に思い出に残る
写真を撮って募金に参加しよう!

終了いたしました

期間中、ソニーグループのキャラクターによるチャリティイベントとして、写真撮影会を開催いたします。

★写真撮影会 開催概要★

場所
ソニービル1F エントランスホール
時間
12:00~/14:00~/16:00~ 各回30分 30名様

※各回30分前に、整理券を配布いたします。記念撮影後は募金のご協力をお願いいたします。
※撮影写真のプリントサービスは行いません。予め各自カメラのご用意をお願いいたします。

コパンダ 写真撮影会

WWFのキャラクター“コパンダ”と一緒に記念撮影ができます。

日程
12月3日(土)、12月10日(土)

© WWF Japan

“モモ妹” (PostPet 生モモファミリー) 写真撮影会

PostPet 生モモファミリーの“モモ妹”と一緒に記念撮影ができます。

日程
12月17日(土)、12月18日(日)、12月20日(火)

PostPet™© Sony Network Communications Inc.

リサとガスパール 写真撮影会

フランスからやってきた人気絵本キャラクター “リサとガスパール“ と一緒に記念撮影ができます。

日程
2017年1月7日(土)、1月8日(日)、1月9日(月・祝)

© 2016 Hachette Livre

ページトップへ戻る