TOP イベントスペースコミュニケーションゾーン OPUS(オーパス) OPUS(オーパス)について
  • ソニーの最先端技術による映像と音響。CineAlta 4K
8F コミュニケーションゾーン OPUS イベントスペース

コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)はソニーの
最先端エレクトロニクス技術や旬のコンテンツが楽しめる空間です。
「コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)」は、2017年3月31日(金)をもちまして終了いたしました。

OPUS(オーパス)について

新しいコミュニケーションの場「OPUS」

「本物を感じる」空間 OPUSとは音楽用語で「作品」を意味します。ソニーグループの情報発信を「作品の発信」と捉え、
この場所から情報を発信していきたいという思いを込めて名づけられました。
頭文字「O」のような円形のデザインであるこのスペースは、
ソニーやアーティストとを繋げる場にしていきたいという思いから「コミュニケーションゾーン」としています。

繭(まゆ)に抱かれたようなやさしい空間の中で、ソニーの最先端エレクトロニクス技術による
ハイクオリティな映像と音響を心ゆくまでお楽しみください。
エレクトロニクス技術で“本物を感じる”という夢の実現に向けて、
そして、ソニーグループの情報相互発信の場として、今後様々なイベントを行っていきます。