ソニービルトップヘ

OPUSトップへ

ソニービルサイトマップ

DRAMATIC 4K EXPERIENCE

2012年10月1日(月)~10月28日(日) 11:00~19:00※10/12のみ13:00?19:00ソニービル 8F OPUS(オーパス)

イメージ画像今回のイベントでは、2012年9月27日(木)に発表された4K*1対応液晶テレビ〈ブラビア〉から業務用の4K機材まで、様々なソニー製品を展示し、ソニーならではの4Kの世界観を体験いただけます。

本イベントでは、ソニーの最先端技術4Kを様々なコンテンツでお楽しみいただける内容となっております。
デジタル一眼カメラ“α99”で撮影した世界遺産 イタリア・アマルフィ海岸の高精細な写真を4K対応液晶テレビ〈ブラビア〉で再現しながら、ソニーのICレコーダーで高音質録音したその場の環境音を、ソニーのデジタルサラウンドヘッドフォンで合わせてお楽しみいただけます。
また、2008年にアメリカ・ニューヨークで開催された『グランツーリスモ』リリース10周年イベントで展示された、グランツーリスモとPlayStation®3*2の技術デモンストレーションを再現しております。
その他、業務用CineAltaカメラ「F65」、世界初*3 4Kホームシアタープロジェクター「VPL-VW1000ES」を期間限定で展示いたします。(10/4-10/16 「F65」、10/17-10/28 「VPL-VW1000ES」展示)

是非この機会に、ソニーの4K映像の多様な可能性をお楽しみ下さい。

*1 4K映像とは:フルHD(High Definition)映像の解像度 : 1,920×1,080 画素(210万画素)と比較して4倍以上の映像情報量を有している映像。
*2 「PlayStation」、「プレイステーション」、「PS3」および「PSP」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です
*3 民生用4Kビデオプロジェクターとして。2011年12月27日発売。ソニー調べ

DRAMATIC 4K EXPERIENCEオープニング映像コーナー

OPUS入口付近のスペースでは、約3分間のオープニング映像をお楽しみいただけます。

4K映像と高音質音源による、記憶に残る体験コーナー

カメラマンの貫井勇志さんがデジタル一眼カメラ“α99”を使用して、“α”CLOCK*のために撮影した、世界遺産 イタリア・アマルフィ海岸の高精細な写真を4K対応液晶テレビ〈ブラビア〉の画面を通してご覧いただけます。映像にあわせて、ソニーのICレコーダーで高音質録音した現地の環境音を、デジタルサラウンドヘッドフォン「MDR-DS7500」で聴くことにより、あたかも自分がアマルフィ海岸を訪れているような体験ができます。
*ソニーでは、デジタル一眼カメラ“α”シリーズで記録し、ソニーの様々な機器を通じて、世界の人々に世界遺産の素晴らしさを伝えることを目的とした“α”CLOCKというプロジェクトを行っています。

大迫力の4K映像による、臨場感あふれるゲーム体験コーナー

大迫力の4K映像による、臨場感あふれるゲーム体験コーナー2008年にアメリカ・ニューヨークで開催された『グランツーリスモ』リリース10周年イベントで展示された、グランツーリスモとPlayStation®3の技術デモンストレーションを再現した、4K映像を使用したゲームの体験コーナーです。
3840×2160画素という高解像度で映し出される迫力の大画面と5.1chサラウンド音場で、世界三大北壁のひとつであるスイスのアイガー北壁の麓を舞台にした架空の山岳コースを実際に運転しているかのような臨場感を体験できます。

©SCEI

ソニーの4K映像への取り組みを紹介するコーナー

ソニーの4K映像への取り組みを紹介するコーナーソニーが誇るセンサー技術、画像信号処理技術、光学処理技術を結集し、4K映像を撮影することが可能となった業務用CineAltaカメラ「F65」を、10月4日(木)~10月16日(火)の期間限定で展示いたします。
また、10月17日(水)~10月28日(日)の期間は、世界初の家庭向け4Kホームシアタープロジェクター「VPL-VW1000ES」を展示いたします。
更に、各機材に関連したエピソードや開発秘話をパネルを使って展示することで、より深くソニーの4Kの世界を紹介いたします。

プレゼント

ソニーの4K映像への取り組みを紹介するコーナー応募者全員にPC用壁紙をプレゼント!!
イベント期間中にOPUS公式Twitterアカウント(opus_event)をフォロー&応募ハッシュタグ付きツイートでご応募ください。
【実施期間:10/1(月)~10/28(日)】

詳細はこちら

TWITTER
過去のイベントはこちら
OPUSブログへ
このページのトップへ